おちあい整骨院のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
こちらのページでは、私の自己紹介と志についてお伝えさせていただきます。

院長 落合義人

【プロフィール】
資格:柔道整復師
学歴:上三川高等学校
    作新学院大学
経歴:
・ナショナル整体・スポーツトレーナー科卒
・さいたま柔整専門学校卒
・2011年 接骨院ふくだ栃木院 院長就任
 國學院栃木サッカー部、FC栃木トレーナー活動開始
・2014年 『おちあい整骨院』開業
 栃木ウーヴァFCトレーナー就任
趣味:スポーツ観戦、カラオケ、バドミントンなど
夢はスポーツ選手でした

小さい頃から動く事が大好きで、小学生の頃はリレーの選手に選ばれたりもしましたが、度々ドクターから走るのを止められていました。

私は生れた時から心臓に疾患があり、2歳半で手術をしました。
両親の支えと医師のおかげで、手術は無事に成功しました。
しかし、日常生活に支障が出る程ではなかったものの、体に負担が掛かるような激しいスポーツは避け、大人になるまで体の様子を伺いながら生活をしなければならなかったため、スポーツをしたくてもできないもどかしさが常にあり、それが私の心と体には大きな負担となっていました。
もし心臓に疾患がなければ、小さい頃から野球やサッカーが好きだったので、プロ選手を目指して頑張っていたかもしれません。

今ではバドミントンやスノーボードなど、一般的な運動ができるまでに回復し、スポーツの楽しさを改めて実感できるようになりましたが、体を動かす事が大好きだった私は、中学・高校時代の「青春」と言われる時期に精一杯スポーツを楽しむ事が出来ず、常に『思いっきり体を動かしたい!』という気持ちがありましたので、今その元気な時期にスポーツに打ち込める若い人達を見ていると、とても羨ましく、応援したい気持ちでいっぱいになります。
早期回復、早期復帰を!!
成長期の体はデリケートでもあり、試合やトレーニングの時にケガをしてしまう事は珍しくありません。 スポーツをする上で『100%ケガをしない』ということは難しい事ですが、そのケガのせいで若い人達の『スポーツで活躍する可能性』を断たれてしまうのは若い頃、思い切りスポーツを楽しみたかった私にとって、とても悲しい事でもあります。

だから私は『スポーツする体をケアする方法』や『ケガした体を回復させる方法』を学びました。
そしてそれを仕事とし、大好きなスポーツをする選手たちを「支える側」からサポートしています。
若い人達には、スポーツで活躍する夢に向かって頑張ってほしいのです。(その夢に向かいたくても向かえない人もいるからです。)
ジュニアの時期から早く治そう、早く復帰しようと自分から思うことが大事になります。

ケガや体のトラブルが発生したら、私がそれを乗り越えるお手伝いをします。
選手の心と体に「大丈夫!」と言って、戻れるところまで一緒に進んで行きます。
私の夢は、当院で体のケアをした選手がオリンピックや世界のステージで活躍することです。

世界に翔け!栃木出身のアスリート!!
健康寿命を延ばしましょう!!
当院は、整骨院なので、若い人だけではなく、高齢の方も来院されます。
スポーツに打ち込む人を応援するとは言っていますが、元気でいられるための体のケアは、スポーツ選手だけに限ったことではありません。
おじいちゃん、おばあちゃんも一緒です。
加齢と共に体の動きに制限が出てくるため、ケアは必要になります。

そんなおじいちゃん、おばあちゃんでも、ストレッチやウォーキングなど運動をしている方は心も体もイキイキとしています!痛みがあり外出が辛い方には、少しでも外に出かけられるよう痛みを取るお手伝いをしたいと思っています。

健康だから生れる笑顔、私は大好きです。
みんなが健康でいられるため、おちあい整骨院はお手伝いをさせていただきます。